2010年3月31日

病気 進行中

月末です。

充実した3月でしたか?

年度末で大変そうですね! 

弊社はドイツ企業に併せて決算を12月に変更したので通常の月末にて

動いています。

 

さて、

病気の話。

 

祖父の遺言に 

 赤い車はのるな!

 

父の遺言に

 イタリヤの車はのるな!

 

友人の助言に

 ランボルギーニを信じるな!

 

とあったのですが、、、

 

良いお話がありまして、

 

 

miura.jpg

 

 

 

世の中、おもうとうり生きられないものですね。

いろんな決意あるのですが、

 

いつも悪魔が囁きます。

 今を生きなきゃ!

 チャンスだよ って!

 

 

どうしましょう!

 

あの爆音に、

 

あのライン、、

 

見なきゃよかった。

 

 

 

by S

 

 

 

2010年3月25日

大丈夫かいな。。

『はやぶさ』

 

鳥でもなければバイクでもない。一部のマニア!?にはとても注目されている「はやぶさ」が世界でも例を見ない偉業をかけて宇宙を飛んでいるそうです。

 

★★ はやぶさ(第20号科学衛星MUSES-C) ★★

2003年5月9日(金)13時29分25秒に宇宙科学研究所 (ISAS) が打ち上げた小惑星探査機(正式名称:工学実験探査機)である。

はやぶさはイオンエンジンの実証試験を行いながら2005年夏にアポロ群の小惑星「イトカワ」に到達してその表面を詳しく観測し、サンプル採集を試みた後、

2010年6月の地球帰還を目指して飛び続けている。(Wikipediaより)

 

 

 

ハヤブサ2.jpg

 

皆さん知ってました?僕は先日たまたま聞いたラジオで存在を知ったのですが、、とにかく様々なトラブル

にもめげずにミッションを終え地球に向かっている様で、その時ラジオで話していたJAXA関係者いわく、

はやぶさの目玉でも有る4基搭載の「イオンエンジン」が現状2基壊れており、残りの2基も不調で1基分

の役割しか果たせてないとか、2007年に帰還予定が諸々の事情で今年になったりとか、、最大の

ミッションでもある小惑星「イトカワ」の表面採取も出来ているかの確認は、実際に帰還カプセルを

回収するまで判らないとか、、、すごいです。。。

 

 

このカンジですから今年6月予定の帰還でさえ、実は上手くいくのかまだ怪しいそうで、、

こんな「ほっとけないヤツ・はやぶさ」がマニアの間では人気が有る様で、ブログで実況されたり

擬人化されたキャラクターもあったりするそうです。

 

きっと帰還する頃にはTVや新聞で取り上げられるでしょうね。

・・・っていうか、還ってこいヨ!!!!!

 

ハヤブサ4.jpg

 

 

by DOUBLE

2010年3月19日

Are you ready !

 

連休ですよ!

 

脱出準備は OK ですか!

 

 

ゆっくり休んで、気力整えて、

 

笑顔でお戻りください。

 

wella_top_01l.jpg

 

Have a nice weekend.

 

2010年3月10日

おもふ 事。

 

こんにちは。

昨夜の雪模様が嘘のような天気です。

今日は気温が15度まで上がるとの予報ですねが、

世間様 決算前?なのか静かです。

 

決算!! 

弊社、個人事業主からの創業を含めますと、かれこれ12年目になります。

法人格になり、輸入工具の販売業から輸入部品の販売業にシフトしてからは 

5年の歳月が経過し、法人での決算は5回経験しました。

 

創業時は自己資本率 0%, 借入金 100% 状態での ZERO スタートでしたので、

私自身の独断による ' センス経営 ' に頼って営んできたものですから、

実務上問題が発生した時に対処していく '後手後手'な対処療法的な経営を行ってきたのが

正直な所であります。

その資本がない状況にて、売上げがほしい、ソフト、ハード面の設備の整備もしたい、

取引も拡げたい、ネームバリューを増やし付加価値も創りたい、社員教育もしたい、

自己資本も欲しい、、、、、、。

無いこと、欲しい事尽くめの中、すべては同時に実行できない中で優先順位を決めやってきたので

ありますが、、

この頃、やっと必要最低限なハード設備、 ソフト面の設備が整ってきたと感じる事ができます。

社員のスキルも、業界の平均レベルには達してきているので売上高もついてきたのも

事実であります。

Yellow Magic 小売だけでの月商が 250万から始まり、500万、1000万、そして1500万に昨年度

に到達し、新たな目標値を目指し動いてるのでありますが、いまだ弱小企業にはまったく変わりなく、

嵐が来る前に、微風と共に吹き飛ぶレベルには変わりがありません。

しかし、5年の歳月のなかで変化はしていて、売上げの確保だけではなく、当たり前に財務諸表を

認識して経営する意識になりました。

中小企業にみられる経費への認識などは ZERO ベースから創業している者には、粗利ほど重要性

はないものと考えています。

必要最低限しか経費が出せない経営から、粗利を創ってきたのだから、それほどの無駄もないので

粗利こそが事業活動の指標あると感じています。

 

粗利いわゆる付加価値と認識しています。

たとえば、この付加価値の X 割を労働分配率とし、人件費と設定した場合には、適正従業員数や社

員平均給与が導かれます。

月の付加価値総額を従業員数で割れば、一人当たりの月付加価値額もわかります。

一人当たりが稼ぐ付加価値が増えれば、それだけ社員の給与の算出にも役立ちます。

また、付加価値を全従業員の総労働時間数で割れば、人事生産性(従業員一人当たりの時間によ

る生産性)もわかります。

これらを毎月はもちろん、年間で把握すれば、事業の効率性についての推移も明らかになります。

 (労働基準局の指定?する労働時間、最低賃金がいかに現在の社会情勢に当てはまらないもの

かも理解できますね。)

そして、粗利を正確に出すためには、期首、期末在庫と期間中の仕入れ在庫、買い換え金、売掛金

をきちんと出さなければなりません。

そこで、初めて売上原価が算出でき、売り上げ額との差額である粗利もわかるわけです。

この当たり前のことをきちんと毎月、会計上把握するということが弱小企業には難しいわけですよね、

弊社は4年かかりました。

当たり前の事を当たり前にクリアし、粗利を把握できれば、より良い経営を目指せるのではないでしょ

うか!

 

ただ、財務を認識した状況にて、痛切に感じる事も多々存在します。

純資産の回転率、

売上高経常利益、

財務諸表、 いわゆる BS(バランスシート)を整える事が

すべてではないと考えられる事です。

 

社員の教育が整い、

個々がスキルアップする事、

会社のネームバリューが挙がり付加価値に厚みができる事、

また、取引先からの信頼度が増えネットワークに幅が拡がるこ事。

これらの無形の固定資産は一切 BS には載りません。

粗利を追求する上での最も重要な優先順位にも関わらず、ですよね!

 

成功する会社は いかに成功するのか!

失敗する会社は なぜ失敗したのか!

全ては人間の意思の表れであり、そこに依存しているものであると考えます。

社会の状況に影響するのは事実ではありますが、

会社が目標を持ち、社員と目標を分かち合いながら進んいくことが、

最も重要な事なのではないでしょうか!

 

表現を変えれば 夢、

夢こそすべて!

夢があれば意思が生まれ、目標を創り、智恵をふり絞り、動き出していける。

 

経営者に必要なのは 夢のかじとり金かんじょう

 

アクチャル、リザルト、簡単ではありませんが、確実に目標を達成できるように動いていきます。

 

 

あなたの夢は おおがね ですか?

 

1manen.jpg 

 

 By S

 

2010年3月 1日

full Moon

昨夜はすばらしい月に出会う事ができました。

月光浴は忘れてはいけない浴の一つではないですか?

 

環境、気持、常に動いている物が存在しますが、不変なものに充足感を感じながら

過ごすのも醐醍味の一つかとおもいます。

 

受け入れられる気持で満月を感じるのは たまらなく sexy  です。

 

DSCN6854.JPG

 

fantastic your life,

enjoy !

 

 

by S