2015年9月 2日

ブレーキのお話

車で一番重要な事って何でしょうか?

車から降りる度に振り返って眺めたくなるような格好良いデザイン。
使い勝手の良い内装。
胸のすく様な加速。

どれも個人的には非常に重要なのですが・・・(笑) 

lHA3EE3.jpg

それよりも前に大前提として「止まる」事が一番重要かと思います。
ここが欠けていては快適なドライブなど望むべくもありません。


欧州車は殆どの車がブレーキパッドセンサーを搭載している為、センサーが点くまで大丈夫。
と思う方も多いかと思われますが、推奨される交換時期は一般的なパッドの半分の残量である約5mmとなります。

ブレーキパッドとディスクには熱を蓄えられる量が決まっており、磨耗が進んでいくにつれて熱容量は下がってゆきます。
解りやすく言うと、磨耗が進むほど効きは悪くなり、パッドの減り自体も加速していきます。
さらに蓄積できない熱は周りの部品に伝わってしまい、キャリパーやブレーキディスクの熱によるゆがみやダストシール、
ブレーキフルードの劣化など様々なトラブルの要因となります。

お盆は越しましたが次はシルバーウィークが控えています。
このタイミングで一度ブレーキ周りのチェックをしてみませんか?

・・・個人的な感想ですが、極端な使い方をしない限り殆どの効きの不満は新品に交換することで解消出来るのではないかと思います。

是非お試しあれ!







-by 54-





トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yellow-magic.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/954

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)