2016年3月30日

どうしてこんなに惹かれてしまうんだろう。




扱い易いサイズ感と実用性・快適性・ルックス。
各ブランドの看板と言っても過言ではない"Dセグメント"のスポーツセダン達のことを私は気になってしょうがありません・・・。


まず、定番中の王道。ベンツCクラス。

benz C63.jpg

先代のW204からデザインを一新。現行Sクラスを彷彿とさせるオーラが漂う感じ。
プラグインハイブリッド車・クリーンディーゼル+9AT搭載車が登場したり、何かと話題ですね。
先端いってる感じがたまりません!


続いて、やんちゃなエリート。BMW3シリーズ。

BMW 3シリ.jpg

昨年の9月にマイナーチェンジを受け外装ライト類を一新。より洗練されたフェイスになりましたね。
直6エンジン車の復活・サスペンションの見直しが入り駆け抜けるよろこびフィールが更に向上されたとのこと。是非試してみたいところです。


最後に、THEファッショナブル。AUDI A4

AUDI A4.jpg

先月のフルモデルチェンジが行われ、細部に修正が入り軽量化・剛性アップなど、あらゆる面で進化を遂げたアウディ主力のA4。なんと言ってもクアトロ(4輪駆動)があるのも魅力ですね。
こちらも乗ってみたい一台!



各メーカー・入門の方向けのグレードから、スポーツモデルまで幅広く用意があるので良いですよね。気になったら是非チェック!!

一緒にDセグワールドにはまりましょう。。
(VWパサート、ALFAROMEO 159も良いクルマですね)





- by Suu -





2016年3月28日

実績、信頼、専門職。

 

 みんな忙しくて手が回らないようなので、ひさびさにブログなど書いてみようかと (笑)、、、

販社であるイエローマジックの実質的輸入業務は親会社である 輸入商社の(有)フロムサーティが

請け負っております。その業務のお話です。

輸入実績が相当量たまり、税関から信頼を得まして一人前に昇格しました。

???  皆様からすると なんだそれですね!

なんてことはありません。 区分(1) 扱いの輸入申告ができる会社になりました。

The Professionals - 専門職 です。

 

区分(1)とは: 申告した瞬間に 書類を税関に提出する事なしに輸入許可が下ります。インボイス(仕入書)さえ必要としません。

自身で申告した税額を納めて終わりです。5分掛かりません。 パッカーン です ^^。

ちなみに 区分(2)だと、インボイス、その他輸入に関わる書類を申告後、審査官の審査を経て申告に問題がなければ輸入許可が下ります。

長年 輸入していても審査官により様々で、細かく聞かれ、ときには現物見せて、などとなります。よく現場では外国の方 が あーだこーだ 言っていてエキサイトで面白い絵がみれる時も しばしあります。

区分(3): たいへんです。お金と時間が掛かります。いわゆる検査です。コンテナ、パレットを引き上げさせられ インボイスとのすり合わせ、もちろん お犬様が登場、X 線検査ももれなく付いてきます。

検査官の目が犯罪者を取り締まる目になり、成田などではピリピリしたりもします。

 

さて、

ここでお伝えしたいところを反復させていただきますと、

弊社、輸入実績から東京税関様からの絶大なる信頼を得、一流専門職に昇格しました。 祝 ^^

一端になりました。

 

 

IMG_0113.newjpg.jpg

 

Tschüss

すてきな夜を!

 

 

 

 

 

 

2016年3月23日

入りましたよぉ!


入荷ラッシュがまだまだ続いてます!!
さっそく今回入荷した部品を紹介していきます!


どの車種でもオイル漏れ、滲みなどでおなじみのタペットカバーガスケット。
定番のパーツだからこそ、品質。信頼性が重要ですね。

DSCN8332.jpgのサムネール画像



こちらはベンツW124などに使用させれているシリンダーヘッドガスケットキット。
低年式車がメインですが、いまだに大切に乗られているファンの方にも
とても喜んでいただいております。

DSCN8343.jpgのサムネール画像



ベンツM112、M113エンジンでも定番のオイルフィルターハウジングの合わせ目のオイル漏れ。
N42、N43、N45、N46でもかなりの頻度で出ているオイルフィルタハウジングガスケット。

気付けばガレージの地面が真っ黒。見えない箇所だからこそ定期点検は欠かせませんね!

DSCN8339.jpgのサムネール画像



こちらもガッツリ入荷です。W211用フューエルポンプガスケット。
こうゆう小さなものこそしっかり持っておく事も忘れておりません。
ポンプと同時交換が望ましいため、お忘れなく!

DSCN8342.jpgのサムネール画像



夏に向けてやっとサーモスタットの入荷です。

ヤツが暴れだすまで半年を切りました。
負けない為にも事前交換など、対策・準備が肝心ですね。

DSCN8344.jpgのサムネール画像

DSCN8346.jpgのサムネール画像



W211用エンジンマウント。
こちらは中身がBOGE(ボーゲ)製となっており
OEMのリパックブランドのものです。

DSCN8334.jpgのサムネール画像

DSCN8347.jpgのサムネール画像

ネームバリューや箱より何より、大事なのは中身、パーツ自体ですからね。



今月は見事に入荷ラッシュでした。
つい先日倉庫を拡張したところなのですが
もう9割のスペースが埋まってしまいました。
近々倉庫状況もご報告いたしますのでお楽しみに!


by Jimmy



2016年3月22日


昨日21日、気象庁が東京で桜の開花宣言を発表しましたね。

満開日が3月末から4月初めと言う事で、私は今までサーキットで共に走ったり、
同車種と言う事で繋がりが出来た仲間と共にお花見ツーリングを計画中です。

皆さんもようやくスタッドレスからサマータイヤに履き替えて気持ちの良い走りを堪能できる事と思います。

サマータイヤの空気圧や残量、油脂類の量やバッテリーのコンディションなどの確認をしっかり行い、
万全の状態でツーリングに望みましょう。

・・・あと花粉症の方はポーレン(花粉)フィルターことエアコンフィルターの交換も忘れずに・・・
アレルギー症状で注意散漫な状況ではドライブは楽しくないですからね。
私にとっては必須項目です(笑

徐々に気持ちの良い気候になってゆきますが、気温が上がるということで愛車のコンディションチェックは更に怠りなきよう・・・

f0068368_20504026.jpg

桜と言えば日本なイメージですが、欧州車もバッチリ決まっていますね。
近いうちに自分の愛車でも写真を撮ってこようと考えています。




-by 54-





2016年3月17日

Mamです。


いつもお世話になってます。Mamです。

すっかり暖かくなってきました!!
ですが、花粉症に苦しんでます( ̄/ ;? ̄)ズルズル
そして目が真っ赤。。。
肌も荒れ荒れ。。。
それに、週末は雨の予報も・・・
洗車しようと思ってたのに・・・(`┴´)ムッさらに(`┴´)ムッ
それは、置いといて 笑

そんなMamは最近、ボルダリングに興味を示しています|ω・`)チラ.


DSC_0109[1].jpg


ボルダリングって何ですの???
って感じですよね。

元々はロープを使用したフリークライミングの練習的な位置づけだったが、クライミングから確保という要素が取り除かれ、
より純粋に岩を登る事に集中できる。また必要な装備が少なく手軽にはじめられる事から、
ボルダリングを中心に行うクライマーが増えており、現在では独立したフリークライミングの一形態となっている。

だそうなんです。

私もまだ始めたわけではなく、よく分からないのでまだまだ勉強中です(;。・`ω・。)ノカキカキ
近所でなかなか見つからなくて、、、
仮に見つかったとしても行くのが億劫になりそうですが。。。
行ってみます!!人見知り改善も兼ねて!!

行ったら感想お話し致しますo(^^o)(o^^)oワクワク

by Mam



2016年3月16日

ポーレン


お世話になっております 92です。


今年もまたこの季節がやってきました・・・。

花粉(ポーレン)シーズン到来です。

花粉.jpg

社内でも花粉症のスタッフがおり、鼻水やくしゃみ連発でとても辛そうです...。

そんな花粉症ですが、色々な対策方法がありますよね。
マスクをする、対策用メガネをかける、治療薬を使用する、鼻うがいをする...etc

最近ではワセリン(皮膚を保護する保湿剤)が花粉症対策によいみたいで、
これを鼻や目の周りに塗りると花粉の侵入を防げるので効果的だとか。


WASERIN.jpgのサムネール画像



真偽の程はいかに。

ちなみに私はNot 花粉症です:))




また、花粉は屋外にいる時だけでなく、車内にいる時でも侵入してきます。
これをバッチリ防いでくれているのがポーレン(花粉)フィルター、またの名をエアコンフィルターです。
花粉の粒径は意外と大きいのですが砕けやすく、最小で0.1μmとインフルエンザウィルスとほぼ変わらない大きさになってしまうそうです。

勿論粒径が小さいほど肺の深くまで入り込み、呼吸器や循環器に悪影響を与えます。
だからこそ、フィルターは詰まり無く正常に働いている状態にしておく必要があります。

エアコンは内気循環にしているから、大丈夫だと思っているあなた。
車のエアコンから出る空気は内気循環、外気循環ともフィルターを通って出てきています。

車内にいるのに くしゃみや鼻水、目のかゆみ、咳が止まらない等 症状がひどい場合、
フィルターの詰まりや汚れにより役割を果たせなくなっていて、花粉や粉塵を透過している可能性があります。

運転する自分や、大切な同乗者の為にも是非フィルターが汚れていないかチェックしてみては
いかがでしょうか!





クリーンな車内で快適なドライブを!ポーレン(花粉)フィルター特集!!




by-92-




2016年3月13日

Hengst Recommend / MB

E266L.jpg

 

部品名:エアーエレメント

Hengst No: E266L

純正 No: 002 094 35 04
             002 094 40 04

メーカー:Mercedes Benz

主な適合車種:W460 / 230 GE, 280 GE, G 290 TD

価格:6,980円(純正定価:16,000円)⇒ SHOPページへGO!! 

みなさんご存知でしょうか、ベンツゲレンデのエアクリーナーは高いんです!笑
通常車検1回ごとに交換するのがオススメなのですが、お値段が2倍ぐらいする都合上
2回に1回のサイクルになっているそうな。
そこにフォーカスを向け、常にクリーンに、常に買ったときの状態をキープして頂くために
本国ドイツより価格の面でも強い見方を輸入致しました。
是非詳細ご覧くださいませ!


TEL: 03-6426-1600  お問合せ&適合確認: info@yellow-magic.jp

 

Hengst説明文[1].jpg

 

 

 

 

 

2016年3月11日

アウト・イン・アウト




こんにちは。

316 です。

2 月も終わり、暖かい日が続いて春の突入を感じる季節に入りましたね。


今日は私らしく、サーキットでのドライビング話をしたいと思います。

レースやラリー・デモ走行などを観ているとカーブの通りに車が曲がらず、端から端へと寄りながらコーナーリングしてますね。



じつはこれ、ただフラフラ走っているわけではなく、ちゃんと理由があってこういう運転をしております。

車が速く走れる条件としては、直線を走る事が最も理想的ではありますが、コースにはさまざまなコーナーが存在しますね。
誰しもさまざまなコーナーの攻略法に悩まされた経験があると思います。

ちなみに僕はヘアピンが大嫌いで、シケインとスプーンが大好きです。(笑)

そんな条件の中、車を速く走らせるにあたって求められることは

・より最短距離を走る事
・より高速でコーナリングする事
・より加速する(アクセルを踏む)時間を長くする事

つまり、言い方を変えれば、いかに直線を走るようにドライビングできるかが求められます。

ではいかにしてこの「理想の走り」を実行すればよいか?

それが ずばりアウト・イン・アウトです。

これはとても初歩的な技術になりますが、
自動車に限らず、自転車に乗っているときや足で走っているときなど
物体がコーナリングする際には常に外側に慣性力「遠心力」が働きます。

sus_111[1].gif

そしてこの力は小さく曲がるほど・スピードが上がるほど強くなり、
とても簡単に書きますが、タイヤのグリップ力<遠心力になったとき
車は外側にスライドし始め、たちまちコースアウト・スピンしないように
スピードを落とし、大回りに回る方向に動きますね
さきほど書いた、

・より最短距離を走る事
・より高速でコーナリングする事

と逆に作用しておりますね。

このときに
・より高速かつ最短距離でコーナーを抜ける方法
とはいかなるものか?


文章では説明しがたいので、画像出しちゃいます!(笑)


how2[1].jpg



ご覧頂いた通り、コース幅をいっぱいに使って「直線的」に走らせる事です!
こうすることにより、車に掛かる遠心力を減らし、(スピードを落さない程度に)最短距離を駆け抜けることができます!!



街中では絶対に行ってはだめです!!

興味がある方は是非、サーキットに行ってみてください。
人生観変わるかも! しれませんね。




by316





2016年3月 8日

続々と・・・。


弊社は2月後半からfebi、今月初めに1便、そして更に本日もう1便と入荷ラッシュです。

短時間で隙間無く棚が埋まっていくのを見ていると、なんだかワクワクします(笑

今回はHengstを始めとするフィルター類と純正部品がメインになります。

まずは純正採用メーカーも数多いフィルターのスペシャリスト、Hengstから。
27084.jpg

27088.jpg

大きな数パレットの殆ど全てがこのカラーの小さなフィルター。
壮観ですが、数えるのも並べるのも大変です(笑

一番メジャーな消耗品ですが、「だからこそ」信頼の部品ですよ!

お次は純正部品です。
現状はアフターパーツがない為、在庫が無いと結構痛い出費ですよね。
27069.jpg

コチラはW221, W251, W164, X164等に適合のエアサスのバルブブロックになります。
各サスペンションにエアーを分配する役割を持っており、故障により車高が落ちてしまう等の症状が出ることもあります。
そのプラスチックの外見に見合わない高額さで私たちを驚かせてくれます。

27082.jpg

ベンツの要チェックポイント、カムマグネットアジャスター。
ここのオイル漏れを放置すると、オイルはハーネスをつたいエンジンECUにまで至ってしまう為、
不具合を発見した際には早急に交換が望ましい部品です。

27083.jpg

BMW的に言うとウォーターバルブ、一般的にはヒーターバルブですね。
バルブの作動不良等が主で、冬にヒーターが効かず、夏にクーラーの効かない非常に不快な車に変わり果ててしまいます。
パッキンの劣化によりクーラントが漏れる場合も有るとか。

27080.jpg

ご紹介したもの以外にもまだまだ多数入庫しています。
純正部品に関しては消耗品というより固有のウィークポイントが主となるので、紹介し切れなかった部品たちはいずれお見積もりという形でご紹介をすることになりそうです・・・(笑


先週も倉庫がパンパンだと言っていたのに、どうにか夕方前には入庫完了です!


本格的に暖かくなる前に全力ダッシュの準備が整いました。

今までより更に魅力的な商品をご案内できると確信があります。



是非お気軽にお問い合わせ下さい。




-by 54-





2016年3月 5日

キヨのメカオタクVOL.5




お世話になります、キヨにございます。



最近は、少しばかり気温が暖かくなってきましたね。



夕方荷物の集荷に来てくれる宅急便のお兄さんは、すでに半袖です。



タフですねー





さて今回のお題は、



「 LLC 」



基本的な役割は、エンジン冷却のためですね。



エンジン内部では、常にガソリンが爆発しているので



ものすごい高温になっております。



そのままだとオーバーヒートしてしまうので



LLCをエンジンに循環させ冷却を行っております。


img_1.jpg







では、そのLLCの液体にフォーカスしてみましょう。




主に水で生成されていますが、



水は0℃以下で凍結してしまう性質があります。



凍結防止のためLLCには、0℃以下でも凍結しない成分が含まれています。



LLCをどのくらい希釈するかで、凍結を防げる温度が変わってきます。



p1.jpg




メーカーによって設定が違いますが一例をあげます。



LLC濃度 凍結温度

30%   -15℃

35%   -20℃

40%   -24℃

45%   -28℃

50%   -36℃

55%   -41℃

60%   -54℃





132868035457513120625.jpg



車が凍ってしまっては元も子もありませんが。。。




ここ日本国内であれば基本 30% の濃度で設定されています。笑




ここでふっと思いつくのが、



「俺ー、東京に住んでるしー、0℃以下の気温の日なんて無いからー、わざわざLLC買わないで水でよくね?」



なんてことじゃないでしょうか。



やはりそれは車にとって良くないことです。



LLCには、凍結温度を下げるだけではなく



各種金属(鉄・アルミ・銅系)に対する防錆剤が入っており、



長い期間部品を保護してくれている役割をしてくれています。



長い期間といってもずっと使っていれる訳ではありません。



時間の経過とともに成分が徐々に酸化し、



腐食性物質が生成されていきます。



また防錆剤も消耗し、防錆性能も低下します。



なので水だけを入れた場合や、過度な期間使用していた場合



金属を錆させ部品を傷めてしまい



結局は、ラジエーターがつまったり、ウォーターポンプが損傷したりなど



大きな出費に繋がります。


images1.jpg






交換サイクルは、一般的に2年に1回(車検時)が理想とされております。



決して高い物では、ありませんが車検時に普通車で7万円前後税金として支払わなければならないので



少しでも出費を減らすためには、部品で節約するしかありません。



ですが、安いものを探し始めたらキリがありません。。。



そしたらやはり純正を入れておけば間違いないので



2年に1度の必要経費として考えるか。。。



そんな悩みも吹き飛ばしてくれるクオリティーのLLCが



弊社で取り扱っております 「 Febi製 LLC 」 です。




【 febi oils 】 

LLCを含むfebiオイルは汎用品ではなく、各自動車メーカー・モデルの具体的な要件に合うように
調整されており、すべてのオイルは各自動車メーカーの適切な承認のもと生産されています。

主要消耗品のひとつでもある油脂類が、ついにfebiから登場しました。
油脂類は日々の整備で使用頻度が高いものです。このfebiオイルは、コストパフォーマンスに
優れながらも純正規格と同じ品質で、質を下げずにコスト削減にお役立ちいたします。


febi-oil-バナー.jpg




ぜひこちらの商品にて愛車をメンテナンスしてみてはいかがでしょうか。




- KIYO -




2016年3月 2日

つ・づ・き


こんにちは、92です。

お待たせいたしました。
さっそく昨日のブログの続きになります。


そう、入荷のお話です:) 


今回は6パレット 
am8:00作業開始でした。

DSCN8047.JPG

DSCN8077.JPG



まずはメインである電子部品をご紹介しちゃいます。


初入荷!【WABCO】の エアサスコンプレッサーです。
ご存知ですか?純正供給メーカーですよ。
こちらはSクラス: W220, W211 CLSクラス: W219 MAYBACH: W240用になります。

DSCN8065.JPG



そして、こちらも初入荷!
コンプレッサー専門メーカー【AMK】製のエアサスコンプレッサーです。
もちろん純正供給メーカー。
Sクラス: W221, W216用、GLクラス: W164用になります。

DSCN8085.JPG



つづいて、

【DELPHI】のイグニッションコイル
現在のイグニッションコイルと言えばコレという感じですね。

DSCN8079.JPG



【BOSCH】
プラグ、イグニッションコイル...etc.

DSCN8070.JPG

DSCN8060.JPG



【VDO】ベンツのメーターでご存知の方も多いと思います。
自動車部品だけでなく医療機器の電子部品も手掛ける世界のTOPメーカーなので
品質は間違いありません。

クランクセンサー、ウォッシャーポンプ...etc.

DSCN8082.JPG

DSCN8083.JPG



【BILSTEIN】のショックアブソーバーもお安く取り寄せましたよ。

DSCN8041.JPG

DSCN8043.JPG



電子部品以外にもオイルフィルターやヘッドカバーガスケット、エアコンフィルターなど、
定番の主要消耗部品もバッチリ入荷してます。

DSCN8080.JPG

DSCN8057.JPG

DSCN8053.JPG

DSCN8068.JPG




只今



YELLOW MAGIC



部品揃ってます!






たくさんのお問い合わせお待ちしております。




by-92-



2016年3月 1日

Wareneingang(入荷)


Guten Tag!

早いもので もう3月ですね、
今月も気合入れて頑張りまっス。

本日は3月入って1発目の入荷でした。

今回は電子部品メインの入荷になりますが、その他 定番の消耗部品も入荷しました。
DSCN8048.JPG


詳細は明日。

また見に来てくださいね!


-by 92-