2018年2月 1日

ここからが本番。


新しい年を迎えてから、何故か愛車は生産されてから何年経つのかが急に気になり、調べてみる事にしました。

車検証では正確な製造年を見ることは出来ず、日本で登録された年までしか分かりません。
そして登録年と製造年は必ずしも近いものではなく、製造から2、3年後に日本で登録されたなんていう話も聞いたことがあります。
ちなみに検索ソフトを使わずとも仕様と製造年だけならVINデコーダー等で調べることができます。

早速調べてみると、我が愛車はどうやら2002年に生産されている様です。
現行型から2代前、感覚的に古いのは分かっている筈なのに16年前と改めて数字で聞くとかなりの衝撃を受けますね・・・。

基本的には中高生の頃に乗りたかった車を今まで乗り継いできているので、どの車もこの辺りの年式に
なりがちです(笑

色々壊れるのでは・・・と尻込みをしてしまいそうな年式ですが、サーキットでミッションブローというレアケース以外は
ほぼ消耗品の交換のみの整備で済んでいて、専用部品を多用するMシリーズとしては
とてもリーズナブルに楽しめていて有り難い限りです。

Carlsson-E-Class-W212-front-c-Carlsson.jpg

一方、丁度先程見積もりをしていたW212型Eクラス。未だ現行だと私は勘違いしていたのですが、実は2009年よりデビュー
2016生産終了と、メルセデスケアの保障期間(3年又は5年)の兼ね合いを考えると
今後のメンテナンス計画が更に重要となってくる年数が経っているのです。

ここからどのような故障傾向が増えていくかは未知数ではありますが点検、予防を怠らずに
行っていけば恐らく大きなトラブルに見舞われることはそうそう無いのではないかと思います。

この先リーズナブルに好調を維持する為には、ここからが本番と言っても良いでしょう。

2月前半のキャンペーンでは販売データーから厳選したパーツが揃っていますので、
是非メンテナンス計画にお役立て下さい。










-by 54-





トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yellow-magic.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1278

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)