2018年7月12日

The new CLS Debut!


new-mercedes-benz-cls-847.jpg

メルセデス・ベンツ新型CLSがフルモデルチェンジして先月末に日本発売となりましたね。
シンプルかつ4ドアクーペの優雅さも兼ね備えていて格好が良いですね。
個人的にはデザインは初代CLS前期型の少し癖のあるデザインが好みですが、
メルセデスはキャラクターラインを減らしてシンプルにしていく方向らしく、
年々デザインが複雑化していく他社と差別化が出来ていると思います。
ここまでシンプルにしても映えるのは大元に優れたプロポーションがあってこそです。

兄弟車のEクラスと比べるとユーティリティーには相変わらず劣りますが、
この車の場合、そこは利点とも言うべきポイントです。
以前初代CLSの後部座席に座った事があるのですが、外見の通り車内の天井も低く、
サイドウィンドウも小さいのでなかなか閉塞感がありました。
ですが、CLSはそれで良いのです。

後部座席はイザという時の緊急用。
クーペとは1人又は2人でその空間をゆったりと贅沢に使う事こそが本来の目的ですし、
そこに実用性を求めないからこそカッコイイのです。

更に、エンジンはS450と同じくM256型と呼ばれる新型エンジンで、
様々な補記類の電動化によるエンジンの効率アップと、ISGと呼ばれる
エンジンとトランスミッションの間に搭載されるディスク型のモーター
によるパワーアシスト、そして直列6気筒エンジンの特性も組み合わさることで
とてもパワフルかつスムースなエンジンとなっている様です。

美しいクーペに相応しいとても興味を惹かれるユニットですね。

クーペに限らず車を選ぶ際は色々と条件が有ると思いますが、
条件に優先順位を決めて、さほど重要ではない条件は潔く省いてしまうのも手です。
全部入りの車は得てして選択肢が少なく、実際選んでみると
「何か想像していたものと違う」なんていうのは良く聞く話です。

エクステリアデザイン、走行性能の高さ、1人又は2人での居住性。
この辺りに拘りが有る人にとってはとても魅力的な選択になるのではないでしょうか。





-by 54-





トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yellow-magic.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1327

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)