2018年10月15日

ポルシェなりのスポーツカーのありかた




ポルシェ2018年1月から9月の世界新車販売の結果を発表しましたね。

総販売台数は1月から9月の新記録となる19万6562台だそうです。


そこで際立って販売台数を増やしているのが、


「パナメーラ」 「911」 のようです。


ポルシェに乗りたいが家族を乗せないといけないから、、、


なんて悩みをうまいこと解消にてくれたのが、今のラインナップにつながり


販売台数増になったのではないかと思います。


porschepet.jpg



ファミリーカーが 「パナメーラ」 、「マカン」 、「カイエン」 である事が増え、


問い合わせも日に日に増えており、


弊社ではポルシェの全般にわたりラインナップを揃えてございます!




そんなあらゆるニーズにフィットしたポルシェ


その中でも「走る」に特化した 「911」


空冷から水冷になり約20年が経ちます。


porsche_911_996_2_0.jpg


経年劣化から、水廻りのリフレッシュが


重要課題になっているのではないでしょうか。


長く大事に乗る楽しみが 「911」 にはより特別にあると思います。


今回の特集では、水冷ポルシェ第一弾 「996」 にフォーカスします。


「996」 は、同時期の 「ボクスター」 、後の 「997」、と共通部品が多く


専用部品が少ない為、維持がかなり楽になりました。


是非この機会に、これからまた10年乗れる車作りをされてみてはいかかでしょうか。








-kiyo-


2018年10月 8日

febi bilstein "PROKIT"





名称未設定 2.jpg




弊社が取り扱いをしている febi bilstein のラインナップの中に

"PROKIT"  という設定があります。



この "PROKIT" は主に

・コントロールアーム

・タイロッド

・スタビライザーリンク

・ボールジョイント

・ストラットアッパーマウント

・ジョイントディスク



などの部品の交換時に最低限必要となるショートパーツ、

ボルト・ナット・ステーが付属しているキットです。


純正部品や他のメーカーでは別売りのショートパーツを febi なぜセットにするのか、

それはボルトやナットの劣化によるトラブルが皆様が思っているよりも多く起こっているからなのです。






febi-pro-kit-t3.jpg





名称未設定 1.jpg

Audi-A4-B5-RS4-Genuine-Febi-PROKIT-Front.jpg


febi は "安心・安全" のため、ショートパーツの同時交換を強く推奨し、

1つのカテゴリーとしてこの "PROKIT"  を供給しています。



更に、メカニックの作業のノンストップにも貢献出来れば

工場とユーザー様にとって価値ある商品であり続けられると思います。



イエローマジックでも勿論、設定がある部品は全て "PROKIT" でラインアップしております。













New-ProKit-website-02.jpg







2018年10月 7日

automechanika FRANKFURT 2018 . part2


お世話になります、Jimmy です!

先週に引き続き、part2 をお伝えしていきます!






皆様ご存知の電装部品最大手メーカー BOSCH

ドイツでは家電製品や工具、ガーデニングツールでも有名で

ヨーロッパの生活には欠かせない巨大メーカーです。

ドイツ_180916_0099.jpg


総合メーカーというだけあって、バッテリー、ワイパー、オルタネーター、スターターなど、

様々な部品が展示されており、ラインナップの幅広さを改めて痛感致しました。

ドイツ_180916_0095.jpg

IMG_5053.JPG

ドイツ_180916_0097.jpg

ドイツ_180916_0091.jpg

ドイツ_180916_0092.jpg


商談スペースはもう、 Bar みたいですね。

思わず 「 Beer please ! 」 と叫びたくなるような、活気溢れた雰囲気でした。

ドイツ_180916_0085.jpg






タイヤをはじめ、ベルトでも有名なゴム製品のスペシャリスト Continental

同じドイツ企業であるスポーツブランドのアディダスへトップモデルのみソールの部分で技術提供も行っています。

また、センサー・メーター類など、電子部品を取り扱うトップメーカー VDO 

continental グループに属しています。

IMG_4933 - コピー.JPG

ドイツ_180916_0484.jpg

IMG_4931.JPG

弊社では Continental が自動車メーカーに純正供給するベルト部門 Contitech ベルトを幅広く取り扱っております。

ベルトは駆動する上でとても重要な部品の1つですので、信頼できるベルトを是非ともご利用お勧め致します。

詳細などはお気軽にお問い合わせ下さい。

IMG_4936.JPG

ドイツ_180916_0324.jpg







ラジエーター・エアコン部品など、クーリングパーツに強いBEHR (ベーハー) 社と

ヘッドライト・スイッチ類などの電装品を得意とするHELLA (ヘラ) 社の

ジョイントにより誕生した BEHR HELLA

ドイツ_180916_0080.jpg

ドイツ_180916_0079.jpg


展示されている部品の点数にも驚かされましたが、

ブースの大きさも部品メーカーの中で1番といえる程の広さでした。

ドイツ_180916_0062.jpg

ドイツ_180916_0063.jpg

ドイツ_180916_0067.jpg

ドイツ_180916_0075.jpg

ドイツ_180916_0069.jpg

ドイツ_180916_0073.jpg


BEHR HELLA 製品にご興味ある方は、

是非 YELLOW MAGIC へお問い合わせください!












ガススプリングとダンパーの専門メーカー Stabilus

国産車・輸入車はもちろん、自動車に限らず幅広い分野で純正採用されているメーカーです。

皆様のお車にもきっと装備されているはずです。

IMG_4967.JPG


ブースは小さいながらも、 STABILUS の周りを無数のダンパーで展示されていたこの表現はとてもインパクトがありました。

IMG_4968.JPG

IMG_4969.JPG








part3 ではまだ紹介出来ていないブースはもちろん、

今回から新しく増設された ホール12 にて初開催となる Classic Cars

フランクフルトの町並みなどをお伝えしたいと思います。




Bis bald :)
See you soon:)
ではまた!:)









by Jimmy












2018年10月 6日

E46 M3 トランクグリップ交換


先日、車に荷物を積もうとトランクグリップに手を掛け、持ち上げたところ・・・。

DSC_0384.JPG

取れてしまいました・・・(悲


改めてネット等を調べてみると割と散見されるトラブルの様です。

ビスで4箇所止まっているのですが、経年劣化で取り付け部の根元ごと取れてしまうんだそうです。

DSC_0385.JPG

この様に、取り付け部だけ無くなっています。

このままではトランクも鍵を使わなければ開かず、不便な上に格好が悪いので早速修理です。

写真を失念してしまいましたが、購入状態のトランクグリップは未塗装の分解された状態で届きます。

因みに、同じE46M3でも年式により前期、後期で違いが有ります(後期は更に横長いデザイン)ので、
ご購入の際はしっかりと適合確認をしましょう。

塗装を施し、組み立てていざ取り付けですが、干渉する為ナンバーベースを取り外す必要が有ります。
つまりナンバープレートの封印を壊して取り外しますので、作業後は早めに陸運支局等で再封印の手続きを行って下さいね。

DSC_0387.JPG

という訳で無事装着です。
グリップを触る際に出来た細かい引っ掻き傷も無くなり、綺麗になりました。
これからはトランクの淵を持って開けることにします(笑

トランクグリップがグラグラしていたり、隙間が大きく開いている場合は取れる1歩手前の状態です。
皆さんも是非チェックしてみて下さい:)





-by 54-








2018年10月 1日

乗り換える訳では無いですが・・・


08885264ce6e334f5b7f3c710934f0c1.jpg

それでも同車種の新型や昔から欲しかった車の情報は気になってしまうものです。
私の場合は後継機のE90シリーズやF30シリーズ(M3/M4のF80/F82)、
ポルシェだと930や964、特別枠でスーパーセブン、といったところでしょうか(笑

仮に乗り換えるとなると同等かそれ以上の走行性能を持つものか、
それを超える何か別の魅力が無ければ心が動く事はないでしょう。
それを考えると乗りたい車は色々あれど、現実的に気になる車は上記の様に
片手で数えるほどまで絞られます。

ここ最近で一番印象に残っているのはM4の筑波サーキットでのタイムアタックを
その目で見たときでしょうか。
タイヤこそ替えられていたものの、とても市販車そのままとは思えない
驚異的なタイムで安定して走行していたのを覚えています。
これは"M"が施したチューニングの内容はもちろんですが、ベースとなる
F30系3シリーズの造りの良さが良く分かる結果になったのではないかと思います。

エヴォリューションモデルは色々な車がありますが、トラクションコントロールや
スピン防止装置などの電子制御をカットした状態でしっかり走れる車は案外少なかったりします。
ここはベースモデルのレベルの高さが問われる部分ですね。

レベルの高い造りの車を便利に日常使用できたり、ドライブでその一端を
感じることが出来るのがF30系3シリーズの良いところではないかと思います。

そんなF30系3シリーズも発売より7年が経ち、次期3シリーズの開発も最終段階になったと聞きます。
消耗部品のお問い合わせを以前より多くお受けする様になりました。
年数的にもここでのしっかりとした整備点検がこの先も"良いクルマ"として
乗り続けていけるかどうかの境目となると思います。

今回のキャンペーンでは弊社のデーターより基本的な消耗品を押さえてありますので、
是非リフレッシュにご活用くださいね。





BMW F30特集はこちらから





-by 54-





"引き続き 台風24号による配送遅延のお知らせ"




いつもYELLOW MAGICをご利用頂きまして誠にありがとうございます。


本日も台風24号の影響により、交通機関の乱れが発生しております。

これによりお荷物の遅延が全国で半日から一日、また九州の一部地域におきましては荷受けの停止も出ております。


詳細につきましては、佐川急便・ヤマト運輸のウェブページをご確認頂くか、弊社までお問い合わせくださいませ。

本日の発送期限においては通常通りお受けいたします。


ご迷惑をお掛けして申し訳ございませんが、ご了承の程、何卒よろしくお願い致します。



- 佐川急便 - 
http://www.sagawa-exp.co.jp/

- ヤマト運輸 -
http://www.kuronekoyamato.co.jp/










NEW_logo.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像