2019年1月22日

2018年輸入車販売ランキング


aaa.jpg

日本自動車輸入組合(JAIA)が1月10日、2018年12月の輸入車のブランド別販売台数を発表しました。

2018年の輸入車総販売台数は308,389台と前年比プラス1.1%で、現在前年比を3年連続で上回っています。
販売台数は経済状況にも左右される事ですが、各社様々な魅力的なモデルが用意されていて、
ユーザーの選択肢が広がった事も一因にあるのではないかと思います。

それは下記ランキングからも傾向が見てとれます。


○2018年輸入車ブランド別販売台数ベスト20
1位:メルセデス・ベンツ 67,531台(99.0%)
2位:フォルクスワーゲン   51,958台(106.0%)
3位:BMW        50,982台(97.1%)
4位:アウディ       26,473台(93.4%)
5位:MINI          25,984台(102.2%)
6位:ボルボ       17,392台(110.3%)
7位:ジープ        11,438台(113.2%)
8位:プジョー      9,881台(119.9%)
9位:ルノー         7,252台(101.9%)
10位:ポルシェ      7,166台(103.5%)
11位:フィアット      6,013台(92.2%)
12位:ランドローバー       3,964台(110.2%)
13位:シトロエン              3,560台(112.9%)
14位:ジャガー      3,260台(124.7%)
15位:アルファロメオ          2,510台(136.6%)
16位:スマート      2,465台(53.1%)
17位:アバルト                2,352台(102.9%)
18位:マセラティ      1,453台(79.7%)
19位:フェラーリ       767台(99.0%)
20位:シボレー      750台(114.7%)
※( )内は対前年比

上位3社は相変わらず他社を大きく引き離す販売台数でした。

フォルクスワーゲンとBMWは昨年から順位が入れ替わっていて、
ディーゼルの件以前の勢いが戻ってきた感があります。
BMWは新3シリーズの日本導入で今年の流れがどうなるかに注目ですね。

昨年との大きな違いはドイツ車以外の欧州車の躍進です。
前年比で10%以上の販売台数伸びを見せている所も数多く、
車の購入を考える際に、これまで以上に定番車種以外の様々な選択肢が増えたのは嬉しい事ですね。

既に多くの受注を抱える新型車の発売を控えているメーカーもあり、
今年の輸入車の盛り上がりにも期待が持てます。


私達も、数年後これらの輸入車の整備にお力添えできる様に動向をチェックしつつ部品を揃えていきます!





-by 54-





トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yellow-magic.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1392

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)