2019年2月23日

【入荷情報】SIL ウォーターポンプの入荷です!


先日お伝えしたとおり、混載便の次はウォーターポンプの入荷です!
冷却系の部品なので、夏前に間に合えば良いのでは・・・?と思う方もいるかも知れませんが、
故障による交換は勿論のこと、メインの使用例は車検等の時に走行距離や使用年数を鑑みて
次回点検まで問題なく使用できるかどうかを判断した上で交換するいわゆる"予備整備"なので
車検シーズンである春までに用意する必要がありました。

DSCN0536.JPG

更には生産の半数以上が純正供給というバランスの為、Saleri SIL のウォーターポンプを
入手するにはかなり早期のうちにオーダーを入れ、世界中との取り合いを制さなければいけません。
オーダーのタイミングが遅れると需要の高いのものはことごとくバックオーダー・・・なんて事も。
今回も無事入荷が間に合ってホっとしております。

DSCN0541.JPG

改めて"Saleri SIL"とは何かをご説明すると、自動車業界向けのウォーターポンプと
冷却システムの設計、開発、生産のリーディングカンパニーで、
BMW、AUDI、MERCEDES、FERRARI、FIAT、ASTON MARTINなどの純正供給元となっております。
純正に採用されていると言う事は高い品質の証明であり、パッケージに掲げられている
"PREMIUM WATERPUMP"を正に体現していると言えるでしょう。

そして、Febi と同様に、YELLOW MAGIC では正規代理店として輸入・販売を行っております。

DSCN0544.JPG

それでは早速開梱して並べていきます。
今回はタイミングベルト&ウォーターポンプのセットである"SUPER KIT"もしっかり
現行パッケージに変更されていて少し嬉しいですね(笑

DSCN0548.JPG

SIL No:PA934A

メルセデスのM112(V6), M113(V8)に適合するウォーターポンプです。
現代から数えて先々代前のエンジンではありますが、採用年数の長さと
採用車種の多さから未だにトップクラスに需要の高い部品となります。
私もこの部品の入荷を待ち望んでいました(笑


比較的大きな箱が多い為、棚がどんどん埋まっていきますが、
事前に倉庫の整理を行っていた事が幸いして入荷作業はとてもスムースに進みました。


後は順次データーに反映し、皆様にご案内する準備は完了です。

比較的汎用性の高い部品についてはそれに伴い需要も高く売り切れの可能性が高くなります。
専門店の皆様はよく使う部品に関しては予めストックしておくのもオススメです。


・・・年始から続々と入荷が続いていますが実はまだ定期便以外の後続が控えています。

こちらも入荷次第皆様にご案内していきます。
お楽しみに:)





-by 54-





2019年2月16日

いつまでも・・・


alfa-romeo-gta-wallpaper-hd-38772-7849607.jpg

自身の年齢も関係しているかも知れませんが、私は2000年代前半の車に好きなモデルが多かったりします。
まだ免許が無かった中高生の頃に乗りたかった車、というのが大きいのかも知れません。

実際、現在乗っているE46 M3は2002年モデルで、その当時好きな車でした。

しかし、そろそろ20年という年月が経とうとしている今、現役で元気に走っている車も減ってきていますね。

走行距離や故障の頻度、更に修理費に対し現在の売価を考えると釣り合いが取れない・・・等の
様々な理由があると思います。
その当時と比べれば、部品の入手やウィークポイントの情報などが格段に向上している為、
維持のハードルは低くなってきているとは思うのですが、少し寂しいですね。

一方、アルファロメオは現在でも147や156等の同年代のモデルを良く見掛けます。
普段お見積もりを取っている際も同様の感覚です。

先代に比べ現行型のコンセプトが大きく異なる事が要因のひとつかもしれませんが、
この年代の車がまだまだ主役級の現役というのは珍しいのではないかと思います。

お気に入りの愛車を末永く乗り続けるのは個人的にも私達としても喜ばしい限りです。

今回はそんな熱狂的なアルフィスタを応援すべく、アルファロメオ特集を開催します!
156,147をメインとした同年代の車は共用の部品が多い為、
様々な方の整備、修理のお役に立てるラインナップとなっています。

お気に入りの愛車に末永く乗ることができる様、こまめに手を入れていきましょう!





Alfa Romeo特集はこちらから!





-by 54-







2019年2月10日

【入荷情報】INA・ATE・CONTITECH等、混載便が到着です!


先日のfebi&混載便のコンボから日も経たない内に次の混載便が到着しました。
倉庫の整理も大幅に進み収容量が格段にアップしたので準備万端です。

DSCN0320.JPG

DSCN0321.JPG

様々なメーカーの部品が入荷しているのですが特に大変なのはベルト類で
見た目は全て一緒なので仕分けが大変です・・・。

DSCN0326.JPG

全て5個づつ紐でまとまっているのですが、商品として出庫する際に紐を切らねばならず
大変手間なので、この際に開閉ができるバンドに入れ替えていきます。
これがベルト入荷時の一番の関門となります(笑

S__50233349.jpg

この量を地道にまとめ直していきます。

DSCN0322.JPG

DSCN0323.JPG

ベルトに比べると箱や袋に入っている部品はホッとしますね(笑

地道な作業に時間は取られはしたものの、収容量をアップグレードした
倉庫のお陰で入庫作業自体はサクサクと進んでいきました。

更には来週末にも入荷が控えていて、既にスペースの確保はできております。
次は春の車検シーズンや車にとって過酷な夏に多く必要とされる冷却系の要、
ウォーターポンプの入庫となります。

皆様が必要なときに部品が揃うよう、先手先手で動いていきます!





-by 54-





2019年2月 1日

一番大事なのは・・・


w212.jpg

乗り換えの予定は特に無いのですが、定期的に中古車市場を色々と眺めていると
"アリ"と感じる車が色々と増えていてその都度見ていて楽しいですね。

最近特にW212型Eクラスが前、後期共に狙い目ではないかと感じます。
先代に比べ信頼性も大きく向上し、購入にあたっては前、後期共に不安が少なく、
発売当初は賛否両論あった前期型も自身が気に入っていればリーズナブルでむしろメリットにもなります。

スタイルで断然後期型、という方も見た目だけではなく、パワートレインや安全装備の
アップデートを含む2000箇所以上にわたる大規模な改良がなされている為、
エクストラプライスを支払う価値は充分にあります。
実際に上記の様な理由で購入に至るユーザーさんのブログ等も良く見かけます。

そんな機能性、信頼性共にオススメなW212ですが、乗りっ放しで良いという訳では当然無く、
一番大事なのはそれをきちんとした整備で維持していく事です。

発売された年式を考えるとこの先末永くノートラブルで乗る為に一度しっかりとした
整備計画を立てる必要があるかと思います。
今回のキャンペーンを上手く利用して、"一回目のリフレッシュ"を計画してみるのも良いかと思います。





W212 Eクラス特集はこちらから!







-by 54-