2019年4月27日

2019 GW


いつも YELLOW MAGIC をご利用いただき誠にありがとうございます。
ご迷惑お掛けいたしますが明日 4/29 (月)  から  5/5 (日) ま
お休みをいただきます。

昨日お伝えした混載便を始め、連休後にもfebi船便等が続いて入荷してきます。
どの便も新入荷、再入荷に加え、この先に待ち構える夏に向けて
厳選した部品を追加しており、準備は着々と整っています。

詳細は改めてブログ等で皆様にご案内いたします!

連休中は交通量の増加による渋滞など様々な理由からトラブルが起きてしまいがちです。
レジャーやドライブは楽しみですが、より安全運転を心がけ、楽しい連休をお過ごし下さい:)


連休明けもイエローマジックをどうぞ宜しくお願いいたします。


1904281358.jpg





1-2.jpg




【入荷情報】GW前最後の混載便が到着です!


人によっては本日からGWのスタートですが、ゆっくり羽は伸ばせていますでしょうか?
休みを使って整備計画を練っていたり、急遽部品が必要になってしまった場合、
連休前は明日4月28日の17:00まで営業していますので是非ご利用くださいね。

先日、GW前最後の混載便が到着しました。
今回は使用頻度がとても高いBOSCH部品の補充をメインに、この先やってくる夏に向けた
早めの準備となっています。

一部ではありますが、ご紹介します。

DSCN0986.JPG

丸々BMWのメイン車種丸々2.3世代分、果てはBMW/MINIにまで使用されている、
とにかく適合範囲の広いダイレクトイグニッションコイルです。

これが在庫に無いと、とても不安な気持ちになります(笑

大量に入荷しましたが、連休後のスタートダッシュでかなりの出庫が予想されます。

DSCN0992.JPG

続いてスパークプラグです。
具体的な不具合としては現れづらいですが、磨耗したプラグと新品を比べてみると
エンジンの回転のスムースさを体感できるかと思います。

近年の車はプラグをチェックするだけでも様々な部品を外さなければアクセスできない車も多く、
整備工場等でイグニッションコイル交換時のトラブルシュートの一環としての交換や、
整備、点検時にアクセスした際に交換してしまうのも得策かと思います。

DSCN0991.JPG

更に続いて点火系のプラグコードです。
現代においてはダイレクトコイルが一般的ですが、我々の業界ではまだまだメインストリーム。
一昔前の車両は多気筒の車が多いので数量も必要です。
点火系の不調の原因は多岐に渡る場合も多いです。
合わせてこちらのリフレッシュも考慮に入れておくことをオススメします。

DSCN0995a.JPG

恐らく1ヶ月もしない内にやってくる梅雨入りの時期に備え、ワイパーも入荷しています。
一年中ガラス面に張り付いている上に高温や水分に曝されている為、当然劣化していきます。
年1回を目安に定期的に交換をしてあげましょう。
視界の確保は安全運転の前提条件です。

DSCN0989.JPG

梅雨が明けたらあっという間に夏季の到来です。
下準備は徐々に整えていきます。

写真栄えはしませんが・・・(笑
信頼性の高いデンソー製のA/Cコンプレッサーです。
こちらはベンツ用ですが、適合車種が幅広いモデルを他にも複数入荷していますので、
ご必要な際はお役に立てるかと思います。


GW前に入庫も無事完了して、連休明けのスタートダッシュの準備も整いました。

どの部品が適合するかについては、車検証をご用意の上、是非お気軽にお問い合わせ下さい!





-by 54-





2019年4月16日

基本は大事


febi-NKW-fluessigkeiten-und-schmierstoffe-hydraulikoel.jpg

新年度が始まって早半月・・・。
環境に大きな変化があった皆様は徐々にいつもの生活リズムに戻せていますでしょうか?
天候や環境が大きく変わるこの時期は体調を崩しがちなので、ぜひお体に気をつけてください。

さて、車にとってもリフレッシュの転機となる車検シーズンの現在ですが、あまりにコスト重視で
整備を切り詰めていくと、後々のトラブルの要因となってしまいます。

車検に直接関係無く、目に見えて劣化を確認しづらい油脂類などは
省かれてしまう可能性が高いのではないでしょうか。

ですが、故障の原因を辿っていくと油脂類の管理不足が 起因するものも少なくありません。
例えば、クーラントを長年交換していなかったり、水のみを使用していたりすると
金属を錆させ部品を傷めてしまい、最終的にはラジエーターの詰まりや、ウォーターポンプの
破損の原因にもなり得ます。

これならまだ比較的安価で修理が可能ですが、トランスミッションオイルを長年交換しなかった末に
不具合が起きてミッション丸ごと交換・・・となると泣くに泣けません。
掛かる費用によっては乗り換えを余儀なくされたり、不具合を誤魔化しながら乗り続けるしかなくなります。

これらのリスクと天秤に掛けるほど、油脂類の交換コストは高くないかと思います。
交換記録をしっかり把握して適切に交換するのがベストですね。
何事も基本は大事です。

4月後半のキャンペーンはコストパフォーマンスに優れながらも純正規格と同じ品質を持つ、
febi oil&LLCの特集となっております。

クオリティを下げる事無くリーズナブルにリフレッシュする選択肢として、オススメ出来る逸品です。

是非ご利用下さいね:)










-by 54-





2019年4月10日

2019 ゴールデンウィーク休業のお知らせ



いつも YELLO MAGIC をご利用いただき誠にありがとうございます。

弊社ゴールデンウィーク期間の休業は以下の通りとなります。


4月29日 (月) から 5月5日 (日) 休業


5月6(月)から通常営業いたします。

ご迷惑をお掛け致しますが、どうぞご理解、ご高配の程、宜しくお願い申し上げます。








1-2.jpg


2019年4月 7日

febi船便入荷です!

先日、恒例のfebi船便が入荷してきました。

DSCN0829.JPG

車検シーズンで大きく減った在庫の補充や、この先更に気温が高くなっていく事を考慮して、
この時期の入荷量はかなりのボリュームがあります。

DSCN0843.JPG

DSCN0852.JPG

暖かくなったとはいえ、早朝は寒いかな?と思ったのですが、実際動いてみると厚着では
逆に汗をかいてしまうほどで、とても過ごしやすくなったと実感しました。


それでは、今回も新入荷部品が入荷していますので一部ピックアップしてご紹介いたします。

DSCN0855.JPG

febi No:45550
フューエルフィラーキャップ(ヒモ付)

E46の世代からF系まで多くの車種に適合します。
ヒモだけの供給が無く、切れてしまった場合はキャップごとの供給となります。
また、パッキンが劣化してくると満タン時に給油口からガソリンが漏れてしまう症状がある為
愛車の給油口周りが汚れている場合はチェックしてみて下さい。

DSCN0860.JPG

febi No:33714

水温センサー(黒3ピン)

W201, W124等に適合します。
ネオクラブームの影響か、ここに来てよくお問い合わせを頂く為、新たに入荷しました。
新入荷商品は現行車種だけではないのでネオクラ乗りの方も是非お問い合わせ下さい。

DSCN0866.JPG

febi No:31486
Fロワーアームボールジョイント

ゴルフ7,A3(8V系)等に適合します。
定番の消耗部品となります。ブーツが破れていたりジョイントにガタが出ていると車検に通りません。
比較的新しい車両用の部品ですが、走行距離や使用環境により交換時期に差し掛かる車もある様で、
お問い合わせが徐々に増えてきました。

DSCN0874.JPG

febi No:22626
ラジエーターサブタンク

W124に適合します。
劣化してくると主にホースの刺し口から亀裂が入って漏れが始まります。
経年で中の色が見えない程に変色してくると、クーラントの管理もし辛いので
コンディションをチェックして適宜交換がオススメです。


他にも再入荷、新入荷が多数入庫しています。

是非お問い合わせお待ちしております!






-by 54-





2019年4月 1日

新年度!


mercedes-brake-wheel.jpg

本日より4月、新年度スタートとなります。
新入生、新社会人の皆様は、おめでとうございます。
私達も気を改めて引き締めていく所存です。

人には新しい区切りの時期ですが、大多数の車にとっても車検という一つの区切りが訪れます。
色々用入りで出費的には大変な時期ではありますが、しっかり点検、整備を施して
より安全、快適になった愛車を新年度に乗れる、というのはリフレッシュという意味では
良いものではないかと思います。

"車検"自体はその時基準に合格しているかを検査するもので、
次回の車検までの安全性を担保するものではない為、
車検以外で整備工場に車を預ける機会が無い場合は、"次回の車検まで安全に乗ることができるか"
を念頭に置いてプロとの相談の上、プランを立てるのが一番のポイントです

特にブレーキ周りは車が走る上で最も重要な要素であり、不具合は危険性にそのまま直結します。
また、
より良い走りを求める方にとっても気持ち良く走る為にブレーキの効きはとても重視すべき項目です。

車検時の点検ではブレーキの分解整備を実施する為、消耗度合いが大きい状態で交換を
先延ばしにしてしまうより、使用頻度や走行距離を鑑みてこのタイミングで交換してしまう方が
時間やコスト面でもお得な場合が多くあります。

ゴールデンウィークも控えている事ですし、愛車による長距離移動も増えるかと思います。
同乗者の安全の為、思い通りにブレーキが効く気持ちの良い走りの為、
ここは是非最優先で押さえていきましょう。





ブレーキディスク&パッドセット特集はこちらから





-by 54-