2017年4月 4日

対極


お休みの日に家の近所を歩いていると、ご近所さんの駐車場に見慣れぬ車が。
どうやら息子さんが新社会人になるにあたり納車したんだそうな。

新たな門出をピカピカの愛車と迎えるとは良いですね、もし自分だったらかなりやる気に満ち溢れていることでしょう(笑

皆さんの周りにも時期的に似たような状況が多いかと思いますが、このような光景を目にすると
乗り換えの予定も無いのに次に乗りたい車の妄想をしてしまいますね(笑

好きな車は色々あれど、現在の一番の趣味であるサーキット走行を考えると、
どうしてもその適性に特化した車ばかりが思い浮かびますね・・・。
とても町乗りには向かない車も多いですが、それを補って余り有る魅力があるのも事実・・・。
現在は特にこの二台がとても興味があります。

IMG_6408-copy.jpg

先ずはロータス エリーゼ シリーズ1
アルミ製のバスタブフレームにFRP製の外装を持ち、1800ccのエンジンを積んでいるにも関わらず700kg台の超軽量が特徴です。
エアコンやパワーステアリング、ブレーキブースター等の快適装備やスタビリティ/トラクションコントロール等の制御を一切持たず、
操作性は旧来のスパルタンなレースカーに近い様です。

10310101042358541600x1060.jpg

そして911(996)GT3
恐らくレースカーに近い状態で売られている車の中で一番リーズナブルなモデルでは無いでしょうか?(それでも中々なお値段ですが)
RR車の強い癖もこの代から大きく薄れ、ドライバビリティに優れた現代のレースカーです。
その実力は折り紙つきで、個人のカーマニアは勿論のこと、プライベーターとしてレースに参戦するチームに愛されているのも納得です。

どちらも走りに特化した車ですが、スタンスは対極と言って良いほど違いがあります。
しかし、サーキットで出会うこの2台はどちらも同じく恐ろしく速い場合が多いです(笑


しかし、現在の愛車もとても気に入っているので、しばらくは上記の2台とは実際に乗るのではなく、
お手合わせすることによって楽しむ事にします(笑





-by 54-





トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yellow-magic.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1171

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)